死後事務委任契約について

独身の方や子供がいらっしゃらないご夫婦など、お墓を守っていく人がいない場合に、墓地を提供するなどして、その管理や供養を全て寺院や霊園に、永代にわたって依頼するのが永代供養です。その方式は、通常のように一区画に墓石を建てる場合や、共同埋葬の場合、納骨堂を利用する場合などに分けられます。どの方式でも、寺院や霊園と契約をして依頼することになりますので、その事務手続きが必要になります。死後は自分で手続きできませんので、生前に依頼しておくか、死後事務委任契約を結ぶこともできます。死後事務委任契約は葬儀会社で扱っているところもありますし、相続に関係することでもありますので、それに関連する業務を行っている会社もあります。遺言として残しておくこともできますので、公証役場で死後事務委任契約公正証書を作る場合もあります。死亡してからもお通夜や告別式などの葬儀代、医療費の未払い分、老人ホームの使用料の精算などお金に関係する手続きが多くあります。永代使用料、永代管理料なども永代にわたって必要な費用ですので、信頼できる業者、若しくは事務所などに死後事務委任契約を結んでおけば、安心して旅立って行くことができます。

コメント

コメントを受け付けておりません。