死後事務委任契約について

自然に還りたいという故人の希望、故人が好きだった海や山へ葬ってあげたいという遺族の思い、墓を持たない選択など、散骨を選ぶ理由はさまざまです。
行う場合、「節度をもつこと」「ふさわしい場所で行うこと」が重要となります。遺骨は遺骨と分からないように細かく砕いて粉状にし、撒く場所の住民感情を十分に意識して、環境汚染などにも配慮が必要です。
遺骨を撒くことに許可は必要ありませんが、場所の選定など、自分たちで独自に行うのは難しく、遺骨を撒くことを希望する場合は「葬送の自由の会」などの会員になったり、葬祭業者の企画するプランを利用する人も多く、そうすれば遺骨の粉砕も業者に依頼することができます。
海に遺骨を撒く「海洋葬」は、いくつかの民間業者が全国各地で行っていて、葬儀社などが窓口になって紹介します。海洋葬は、船で沖へ出て、環境破壊に影響のない水に溶ける紙に包んで海に撒くのが一般的です。その際、漁場や釣り場、海水浴場、海上交通の要衝を避けて行います。
海に遺骨を撒くとき、一つの遺骨(遺族)単位で行う場合と、いくつかの遺骨(遺族)を合同で撒く場合があり、遺族が同乗するケースと同乗しないケースがあります。遺族が同乗して自ら撒く場合、同乗する人数や撒く場所によって料金は異なります。

コメント

コメントを受け付けておりません。