死後事務委任契約について

人間は生きている限り、いつか他界することがあるでしょう。家族や親族など、近親者が他界した場合は、そのことをお世話になった人たちにお知らせすることは必要になってきます。仲が良かった人が他界したとしても、誰かが連絡をしなければ自然に情報が伝わると言うことはありません。また、お世話になった人たちへの最後の礼儀でもあるので、遺族がしっかりと連絡をおこなわなければ故人の面目も立ちません。
近しい間柄であったり、親戚などは、お通夜や葬儀などで、最後の挨拶をしたいと願う人もいるでしょう。その為、近しい人への連絡は葬儀をおこなう前におこなう方が良いでしょう。そのような時の連絡手段として、死亡通知を送付することがあります。内容は告別式や葬式の日取りや会場の場所、故人の名前や簡単な死因、喪主の名前、など連絡事項が主な内容になります。
しかし、葬儀の形も色々ありますので、近親者だけで葬儀をおこなうことも、近年増えてきました。故人の友人や知人が遠方にいたり、故人の遺志であったり、事情はさまざまでしょうが、葬儀が慎ましやかにおこなわれることもあります。そのような場合は、死亡報告としてお知らせすることが多いです。死亡報告は出す日が故人の亡くなった日からどのくらい経っているかによって、ご挨拶の文面が異なることもありますので、確認してから作成した方が良いでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。