死後事務委任契約について

弔事に関しては、現在、葬儀場で行うことが多く、専門のスタッフとの相談により進められることがほとんどです。弔事には訃報に接した時から法要まで、宗派によって違いがあるものの、そこには決め事や手続きがあります。まず、通夜においては弔問を行うようになりますが、友人、知人の場合は故人との親密度で判断するのが普通です。近隣に関しても、町内で特別な取決めがなければ同様ですが、そうでない場合には早めに協力を申し出ます。服装に関しては礼服でなくても地味な色であれば問題はありません。また、葬儀とどちらか一方にだけ出席をする場合には葬儀を優先します。出席に関しては礼服の着用となりますが、現在はモーニングなどに見られるような正式なものではなく、黒の略礼服がほとんどとなっています。会場では式次第にそって進行され、スタッフよる誘導が必ず行われますので、それに従って順次、焼香となります。火葬に関しては同行を求められることもありますが、その場合には時間が許せば応じるのが礼儀となります。その後、取り決めた日取りに従って納骨や埋葬となります。不幸があった場合には手続きに関しても様々あり、それには死亡届、死体火葬許可証、また埋葬許可証の交付があります。特に死亡届や立ち会った医師から発行される死亡診断書は大事なもので、それは、保険請求など金銭的なものには必ず必要となります。

コメント

コメントを受け付けておりません。