死後事務委任契約について

自分の希望する葬儀のスタイルがある場合には、生前に、それをはっきりと家族に伝えておくことが大切です。
もし、家族や親せきとは異なる宗派、もしくは無宗教で行いたい、という希望がある場合は、まず、なぜ自分がそのようなスタイルのお葬式を行いたいのか、ということをしっかりと家族に説明し、ちゃんと納得してもらいましょう。
そのうえで、費用の準備や喪主の指定、戒名をつけてもらうかどうか、などといった具体的なことを決めていくようにします。
また、尊厳死や、死後の臓器提供を望む場合は、そのこともしっかりと伝えておいた方が良いです。
エンディングノートを作って、それらのことをまとめて記入しておく、というのも良いかもしれません。
一人暮らしの場合、または特に家族がいない場合などは、自分の死後の処理を誰に頼むのか、ということを考えておかなければなりません。
信頼できる友人などがいれば、その人に頼んでおくのも良いでしょう。
それ以外では、生前契約や生前予約を扱っている業者などのプランを利用する、というのも、ひとつの手です。
生前契約や生前予約をしても、生前に費用を支払う、ということはありませんが、費用をどう支払うのか、ということはちゃんと決めておくようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。